望月あやか「女教師in…(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

「望月あやか × 脅迫スイートルーム」エクストリームにハード名作に仕上がっています。

  • AV女優名:望月あやか
  • 監督名:沢庵
  • メーカー:ドリームチケット
  • 発売日:2020/07/24

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」のレビュー

時に、背脂チャッチャの超特濃豚骨スープ的な胃もたれする程のハードエロス全開の作品を見たくなることありませんか─。

望月あやか嬢が沢庵監督のバチボコ人気シリーズ「脅迫スイートルーム」に出演することが決まってリリースを心待ちにしていたAV紳士も多いかと思います。

すでに、妄想族や独宴会などからリアクション抜群のトラウマ的作品をリリースしてエロのポテンシャルの高さを これでもかと見せつけてきた望月あやか嬢。
今回の冒頭シーンは、清しい性獣キャラを封印し、お化粧もお姉さん系のキレイめ、口調も丁寧で素晴らしい導入部分を作っています。(ジャケットもどこの美人さん?風で素晴らしいです)

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

FANZAの作品説明文、かなり気持ちがのっかってるのか いつも以上に力が入っているように感じました。。

肉棒を無慈悲に突っ込めば、女の本性が露わになる。麻縄を纏わされた女教師の淫穴とケツ穴を玩具で交互に弄んでやり、狂気ヅラで鳴き喚く口を肉棒で塞いで喉深くまで捻じ込めば、3つの穴で苦悦に浸りながら白濁を受け止める。
(省略)とどめに首絞め指イラマで道徳観念を吹っ飛ばしたら、浣腸で恥辱にまみれた汚汁を噴出させるのだった…。

当然といえば当然ですが、そりゃ…胃もたれするようなごっつい超濃厚でデンジャラスな作品となっています。
今回は大きく3つに分けたシーンとなっております。順を追ってレビューします。

沢庵監督との 1 on 1

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

このシリーズにでてくる女優さんは(例外はありますが)総じて演技力が高いと思います。
あやか嬢も嫌がる所から涙を流し戸惑い、快感への道筋へのグラデーションがうまく、細やかな演技しています。しかし指イラマやスパンキングなど対応が従来よりハードに感じるのは私だけでしょうか…。

首チョークでのよだれや鼻水。スパンキングされ真っ赤なお尻をカメラに向けてのガニ股状態での潮ジャバなど、冒頭からブレーキなしフルスロットルな作りです。
指イラマで静かにリバース(ゲロ)を3~4回繰り返し、そのままオナニーの強要。こりゃ完全に人を選ぶ作品だわ…。と序盤からデンジャラスな雰囲気がプンプンします。

この沢庵監督とのプレイは、映像はキレイ(プレイはハードすぎ)で、見応えのある丁寧な作りで満足度高いです。

複数による拘束凌辱プレイ & SEX

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

後ろ手に縛られた状態でのイラマチオや縄をつかったSMチェックなプレイからはじまります。
アナルにもバイブを使ったプレイなど、いつのまにかオールラウンダーへの道のりをステップアップしているのを今回 はじめて知りました。

複数人によるイラマチオでは白目や虚ろ目など激ヤバい表情を連発し、顔はビショビショ…混沌とした望月あやかワールドが炸裂します。
パワフルな肉体をガクガクしてイクとすかさず「休むな先生っ!」のような叱責が入り、責め続けるまさに鬼畜の所業っ。

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

暗転してからは、首輪をした状態でスタート。本格的な複数プレイへと展開します。
先端が丸まったバイブを使っての大迫力のドギツいオナニーから、あやか嬢の並々ならぬエロに対する鬼強いバイブスが伝わってきます。

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

例の犬の散歩からSEXに移行すると、今回も復唱系のアエギ方は健在で「おまんこ おかしい…おかしい…おかしい…」など高音の声が耳に残ります。
反応も敏感で時にカメラ目線になったり、ヨダレでたりで抜かりのないハイパフォーマンスを披露。
また、細かな点ですが、プレイ中に指示がないのに舌がペロりと出たり舌舐めずりするシーンが複数回あるんですが、どれも妖しくエロく、これって自然とプレイベートでもやってることなのかなぁと胸アツでした。
※是非本編でご確認ください。

椅子に固定拘束した状態でのバイブ、浣腸責め

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

シーンの切り替えごとに入るインタビューの利発なイメージがいちいち目ヂカラが強く、凛々しいのが功を奏していて、暗転すると椅子に固定、目隠しされた定番の拘束責めのチャプターに、そのギャップにドキュンします。

今回は時代の流行りか、イラマチオ要素が全体的に多く、このシーンでも指でのイラマチオでエズキ汁が滝のようにでるシーンがあります。
後半はシリンダーを使った浣腸を何度も繰り返すマニアックな責めが続きます。チョーク系の責めではヨリ目のアヘ顔になるなど、最後まで全部に力を出し切ろうとする意気込みを感じる駆け抜けた内容となっています。

まとめ

従来からハードな凌辱系の作品として人気の「脅迫スイートルーム」を松ゆきの嬢回以来、久しぶりに鑑賞したのだが、(この女優さんだから特別なのか)いつもより内容がハードになってない?と思える作品で、本格的なS御用達な内容、私のような若輩者には刺激が強すぎる内容でした。このシリーズでこんなハイスコア叩き出すと、後の人は「ぬるいっ!」と言われそう。そんな感じで久々にみた 怖い「脅迫スイートルーム」回といった印象でした。

しかし、この望月あやかという女優さんの末恐ろしさ、鬼の耐久性が見れる作品としてキャリアに残る注目作品であると思います。
※最近はコロナの鬱憤を晴らすかのように連チャンで作品をリリースしている印象です。個人的には(こんなにハードでなくてよいので、、)もっと自由でワイルドな笑顔のみれる魅力全開の作品を期待しています。

痺れる[脅迫スイートルーム]名作・衝撃作を紹介ベスト7選を紹介

この作品の情報

望月あやか「女教師in...(脅迫スイートルーム) 」をレビュー

女教師in...(脅迫スイートルーム) 望月あやか

9.2

多くのAV紳士も期待した「脅迫スイートルーム」に望月あやか嬢が出演。とんでもないハードな仕上がりです。

FANZA 動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です