唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

奇跡のカムバック。プレステージ専属第1弾は、期待を裏切らない快作です。

  • AV女優名:唯月優花
  • 監督名:マンハッタン木村
  • メーカー:プレステージ
  • 発売日:2021/02/19

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー! 唯月優花」のレビュー

唯月優花嬢の「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビューします。

本作は、2021年2月19日にリリースされた作品で、唯月優花のプレステージ専属第1弾の作品です。

2020年9月に『新・素人娘、お貸しします。 91』とMSG独占配信作品の2作品に出演、その後にリリース予定がなく「引退しちゃったのかなぁ」と思っていたのですが、2021年に奇跡のカムバックです。
大体こういったすごいパフォーマンスをする女優さんは、ほんの数作で引退してしまうケースが多い中、こういった形で再び作品が見れるのは嬉しい限りです。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

冒頭のテロップでは「当初は『新・素人娘、お貸しします。』限りの契約予定」だったが、その映像をみた上層部が専属契約を即決したとのことで、プレステージ側からの熱烈なオファーがあり専属契約に至ったようで、デビュー前から専用特設サイトを開設、デビュー作は再びマンハッタン監督とと、これは期待できるのでは?と思った方も多いかと思います。

本作は、専属デビューっぽい作りではなく、この女優さんのエロまっしぐら感を活かした演出なしのドキュメンタリー的な作りで、前作がよかった人もそのまま楽しめる作品になっています。

構成は大雑把に分けて3つ、順を追ってレビューします。

インタビューから専属初SEX(鮫島健介氏)

冒頭のインタビューからこの女優さんの強い個性が窺えます。自身も「男性脳っぽいと思う」と分析しているように「女の子とのSEXの話は、全然熱量が合わない」、エッチに関しては「毎回、自己記録を更新しようと思っている」、「話が下手な人はSEXもヘタ」など面白い名言がでてくるのが微笑ましいです。

前作でも、中2の男子的なエロで頭がいっぱい、エロまっしぐら感のある会話はありましたが、本作ではさらにぶっちゃけて話しているのがよいです。

「私のSEXありきで、撮影は副産物」、「お金を稼ぐためにやってるわけではないんで…」「エロ道を極める為に介護士を辞めた」など、素晴らしいパンチラインを連発します。

鮫島健介氏との専属デビュー初SEXは、濃厚なベロキスからはじまり、Hカップのスライム乳を男優の顔に押し付けるなど積極的に自分から楽しもうという気がビシビシ伝わってくる気持ちのよいプレイです。

インタビューで「ちょっと太ったから…」と答えている色白の肉感ボディはさらに迫力をまし、前作にもまして潮ジャバジャバ吹くシーンやイラマチオなど、最初から実用性に富む内容になっています。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

なかなか挿入してもらえずに、腰フリフリするシーンや、挿入後のアヘ気味の放心系の表情など、没入感のあるプレイスタイルがよくグッとくるものがありました。

最初のプレイは前戯含め50分近い長尺ですが「何回か限界を越えていた…」という出し惜しみなしのプレイをしています。

佐川銀次とのSM系SEX

M男とのプレイを挟んで、佐川銀次氏とのSM系SEX。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

目隠し、縄で後ろ手に拘束しての言葉責め系のプレイと相性がよいのか、ここでも大量の潮吹きシーンがあります。
本作通じて、手マン、ハメ潮など潮吹き要素がてんこ盛りで、潮吹きモンスターとして風格を感じます。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

佐川銀次氏の老獪なテクニックで、スピードのある鮫島健介氏とのプレイの対比ができているのがよかったです。

ラストの3P(黒田悠斗&沢井亮氏)

ローション&おもちゃ責めシーンを挟んでのラストの3P。ピンクの介護士風の制服も似合ってます。

「初3P、どんなものなんだろう、想像できない…」と答えているように、ラストはプレイベートでは経験したことがない3Pプレイですが、M字開脚やどっしりお尻が堪能できる見ごたえのあるシーンが多く、ラストにふさわしいパフォーマンスをしています。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

サンプル動画で男優の乳首を高速で舐めているシーンがあるのですが、エロく見えるように早回ししていると思っていたのですが、実際にイジリー岡田的に動いていて「高速の舌使い」としての資質があります。

「おまんこに入れてもいいですか…」などいつのまにか敬語になっている姿がグッときます。
連続バックピストンではハメ潮連発し、子鹿系のプルプル痙攣、気持ちよくなりすぎて力抜けちゃってちゃんと立てないシーンなど刺激的なシーンあります。

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

プレイ後には「もうわけわからない…ビッグバン…」と答えているように初3Pは想像を越えて凄かったようでした。
※ぜひ、本編でお楽しみください!

まとめ

本作は、最初のプレイから出し惜しみなしの素晴らしいパフォーマンスがみれる作品で、前作を楽しめた方にもおすすめできる快作です。

若干ですが、映像的に新しいことをしようとしているのか、ボケたりピントがあわない、ドアップすぎなどアングルが定まっていない面があり、映像の明瞭度に関しては残念な点が少しあります。

今回のプレイは『次世代セックスモンスター』的な売り出し方のためか、ドM感は抑え気味な印象でしたが、正常位をリクエストした時に「犯されている感じがするから」だったり、手を頭の上で組むような徹底的に責めてもらおう的な雰囲気があり、今後のプレイも楽しみです。

この作品の情報

唯月優花「エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー!」をレビュー

エロ無限大∞限界突破のHカップ!専属デビュー! 唯月優花

8.9

MGSだけのおまけ映像付きは、ガッツリオナニー(バイブ&ローター)でした。購入する場合はプレステージの方がよいかもです。

FANZA 動画

MGS 動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です